天 野 修 Osamu AMANO, D.D.S., Ph.D.

昭和37年生まれ 東京都出身

oamano@dent.meikai.ac.jp

■学歴・職歴
1981(昭和56)桐蔭学園高等学校(横浜市)卒業
1987(昭和62)東北大学歯学部歯学科卒業 歯科医師免許取得
1987(昭和62)東北大学助手 医学部解剖学第2講座
1990(平成2)金沢大学助手 医学部解剖学第1講座
1992(平成4)博士(医学) 学位修得(東北大学医学部
1993(平成5)米国 University of Southern California へ留学
1995(平成7)金沢大学講師 医学部解剖学第1講座
1997(平成9)金沢大学助教授 医学部解剖学第1講座
2001(平成13)金沢大学大学院助教授 医学系研究科組織発達構築学分野
        医学部助教授を兼担
2001(平成13)明海大学教授 歯学部口腔解剖学第2講座
2002(平成14)明海大学大学院教授 歯学研究科正常形態研究群を兼担

■学位論文
・博士(医学)東北大学
・Ultrastructural study on a variety of non-neural cells immunoreactive for nerve growth factor receptor in developing rats.(非神経組織における神経成長因子受容体の微細局在)

■教育担当科目
●学部1年生
○歯学概論(分担)
●学部2年生
○解剖学(神経解剖学及び解剖学実習を含む)
○組織学(組織学実習を含む)
○生物学特論(分担:歯科医学のための細胞学、発生学)
●学部5年生
○臨床につながる基礎歯科医学(分担)
●学部6年生
○総合歯科医学(分担)
●大学院
○形態系正常形態研究群

■非常勤講師・学外講義(最近3年間)
○新潟大学歯学部 ○大阪大学歯学部 ○東北大学歯学部 ○金沢大学医学部 ○昭和大学歯学部 ○秋田大学医学部

■研究課題
○頭蓋顎顔面の形態形成に関する分子発生生物学的研究
○唾液腺腺房導管細胞の分化に関する形態学的研究

■学会・社会的活動
・日本解剖学会(会員 1987-, 評議員 2001-)
・日本顕微鏡学会(旧 日本電子顕微鏡学会,会員 1987-)
・歯科基礎医学会(会員 1991-, 評議員 2001-)
・日本唾液腺学会(会員 1990-, 評議員 2001-)
・American Association for Dental Research(会員 1993-)
・日本口腔組織培養学会(会員 1995-, 理事 2002-)
・日本組織細胞化学会(会員 1996-)
・Society for Developmental Biology(会員 1999-)
・国際組織細胞学会(会員 1999-)
・日本顎関節学会(会員 2001-)
・日本結合組織学会(会員・評議員 2002-)

■学術表彰
○日本唾液腺学会奨励賞(1997.12)
○日本解剖学会奨励賞(1998.4)
○日本口腔組織培養学会学術奨励賞(1999.11)
○日本唾液腺学会奨励賞(2001.12)

■研究業績(98年以降の原著・総説の抜粋)
●総説
天野 修, 井関尚一: 唾液腺における細胞増殖因子の発現と局在. 解剖学雑誌 71: 201-211 (2001)
天野 修: 器官培養法を用いた口腔顎顔面の組織発生機構の解析−肝細胞増殖因子の多様な役割−. 東北大歯誌 21:65-78 (2002)
天野 修: 顎下腺の腺房細胞の増殖と導管細胞の分化におけるcyclic AMP response element-binding protein (CREB)の役割. 唾液腺学会誌 43:1-7 (2002)

●原著論文
O. Amano, and S. Iseki: Occurrence and nuclear localization of cAMP response element-binding protein in the post-natal development of the rat submandibular gland, Histochem. J. 30: 591-601 (1998)
天野 修, 井関尚一: 下顎の組織発生における肝細胞増殖因子の役割, 口腔組織培養学会誌, 8, pp13-23(1999)
O. Amano, P. Bringas et al: Nerve growth factor (NGF) suppouts tooth morphogenesis in mouse first branchial arch explants. Develop. Dyn. 216: 299-310 (1999)
O. Amano, U. Koshimizu, T. Nakamura, and S. Iseki: Enhancement by hepatocyte growth factor of bone and cartilage formation during embryonic mouse mandibular development in vitro, Arch. Oral Biol. 44: 935-946 (1999)
天野 修, 山根 明, 井関尚一: 舌筋発生における肝細胞増殖因子の役割, 口腔組織培養学会誌, 9(2): 11-17 (2000)
O. Amano and S. Iseki: Antisense oligodeoxyribonucleotide targetting cAMP response-element binding protein inhibits growth of submandibular gland of neonatal rats. Acta Histochem. Cytochem. 34:76-80 (2001)
O. Amano, Y. Kudo, M. Shimada, T. Wakayama, M. Yamamoto, S. Iseki: Transient occurrence of 27 kDa heat-shock protein in the terminal tubule cells in the postnatal development of the rat submandibular gland. Anat. Rec. 264:358-366 (2001)
O. Amano, A. Yamane, M. Shimada, U. Koshimizu, T. Nakamura, S. Iseki: Hepatocyte growth factor is essential for migratin of myogenic cells and promotes their proliferation during the early periods of tongue morphogeneisis in mouse embryos. Develop. Dynam. 223:169-179 (2002)



▲スタッフのページへ戻る
▲▲表紙へ戻る