1. 口腔診断科は、本学付属病院受診する患者さんが最初に訪れる科です。
 患者さんの問診や診査を通して、病気の診断を行います。

2. 研修目標は次のとおりである。
 a. 医療評価のできる診療録の作成と記録する能力を身につける。
 b. 全身の概念的診察法の実施と主要所見の把握。
 c. 口腔領域全般の診察法の実施と主要所見の把握。
 d. 基本的ならびに必要最小限の臨床検査の実施とその解釈能力(X線を含む)の養成。
 e. 総合的歯科診断ができる能力の養成。
 f. インフォ−ムド・コンセントに基づく治療計画・教育計画の立案と実施。

  参考として、本学付属病院の初診時問診表歯科診療録を示します。


 

臨床実習では診療録(カルテ)の記載を通して、患者さんへのインタビューを勉強します。


現病歴

既往歴

心臓・循環器系    呼吸器系      消化器系         皮膚・泌尿・性器系

神経系        耳鼻咽喉系     顔面・頚部        その他
 

歯科既往歴
 

歯科治療時の偶発事故

ショック     後出血     後疼痛     脳貧血      その他

特記事項

素因       特異体質    慢性疾患    血圧(         /         )

アレルギー性疾患

鎮痛剤      抗生剤     抗炎症剤    麻酔薬     外用薬     予防接種

食物       その他

家族歴

現症

レントゲン所見

 

診断
 

治療計画