坂下教授、鈴木助教授を中心にインフォームドコンセントの重要性を認識しながら個々の患者に適応した顎顔面口腔領域の診断・治療を行っている。
 また、口腔癌における発癌実験や唾液腺疾患の病態解明などの研究にも力を入れている。

治療特色

口腔腫瘍(良性・悪性)
顎変形症(上下顎前突症、顔面非対称、開咬などをともなう歯列不正)
先天性奇形(唇顎口蓋裂)
外傷(顎骨、歯、軟組織)
炎症(歯性炎症一般、骨膜炎、骨髄炎、上顎洞炎、蜂窩織炎など)
唾液腺疾患(腫瘍、炎症、口腔乾燥症など)
粘膜疾患(白板症、扁平苔癬、難治性口内炎など)
嚢胞(顎骨、軟組織)
神経疾患(三叉神経痛、顔面神経麻痺、舌痛症など)
顎関節症(開口障害、顎関節痛など)
有病者歯科治療(高血圧症、虚血性心疾患、糖尿病、肝臓病、腎臓病などの内科疾患、歯科心身症、障害者など)
インプラント治療(顎補綴を含む)


講座紹介
明海大学歯学部病態診断治療学講座 口腔顎顔面外科学第2分野